屍のポーズ Savasana 4 「何もしなくても満足」

こんにちは。

「やさしいヨガと出会う場所ーSugandha 蓮沼・蒲田/横浜 ヨガ教室、出張プライベートヨガ」 emiです。

屍のポーズについて、最後です。

屍のポーズ Savasana 1
屍のポーズ Savasana 2 肉体的な効果と精神的な効果
屍のポーズ Savasana 3 「シャバアーサナが苦手です」

私は初めてヨガを経験したとき、屍のポーズに衝撃を受けました。

「何なんだろう、この気持ちがいい体験。ずっとこうしていたい!」と思ったのです。

体が気持ちいいだけでなく、頭が空っぽになるというか、クリアになってスッキリ。

なぜか幸せな気分になるのです。

ヴェーダーンタを学んでいて、それがどういうことなのか、わかってきました。

それまでの私は、常に何かをしていないと不安で、

何かをすることで幸せになろう、満たせれようとしていました。

「私は不安で、満たされてない、だから何とかしなきゃ!」

と、ずっと自分に満足できない。

屍のポーズでの幸せな気分は、それを覆すものでした。

「何もしてないのに、こんなに心地よい。」

「ずっとこのままでいい」

「ずっとこのままでいたい」

と思うのは、

少なくても、その時の私は、

自分に何かを足そうとしたり、

自分から何かを引こうとしたり、

そんなことは一切必要ないのです。

自分自身を受け入れているから、

嫌なことがあったとしても。

良いことがあったとしても。

たとえ何か気になる問題があっても。

それもすべて受け入れている。

いつも自分を何とかしたい、

自分を変えたい、

何者かになりたい(「サムサーラ」です)、

と思っていた私には衝撃でした。

だから私はシャバアーサナに惹かれたんだな、と思います。