ダウンドックのコツ⑥ ー 骨盤の位置とダウンドックの効果

こんにちは。

「やさしいヨガと出会う場所ーSugandha 蓮沼・蒲田/横浜 ヨガ教室、プライベート・パーソナルヨガ」 emiです。

ヨガ初心者の方へ。

adho mukha svanasana(下向きの犬のポーズ)、いわゆるダウンドックを6回連続で解説しています。

ダウンドックのコツ① ー 手

ダウンドックのコツ② ー 肩

ダウンドックのコツ③ ー 手と足の位置

ダウンドックのコツ④ ー 足で地を踏みしめる

ダウンドックのコツ⑤ ー 頭の位置と視線

今回は、骨盤の位置とダウンドックの効果についてです。

ダウンドックのときの骨盤の位置

ダウンドックは、全身の後ろ側、脇の下や体側、背中・腰、脚の後ろ側全体が伸びてとても気持ち良いポーズで、私は大好きです。

気持ちよく伸ばそうと思って、ついやってしまうのが、

骨盤を前傾させて、腰を反ってしまう(いわゆる反り腰)

のです。

ダウンドックでの骨盤の位置は、前傾も後傾もせず、まっすぐです。

上の図のように、背中・腰は一直線になっています。

ダウンドックで反り腰になっている方は、たぶん自然に立っているときも反り腰の癖がついているかもしれません。

反り腰は腰痛の原因でもあるのですが、ダウンドックで反り腰を続けているのも同様で、腰を痛める原因にもなります。

骨盤の位置・傾きは、特に気をつけたいところです。

ダウンドックの効果

もし、何かひとつだけ、ポーズをするとしたら、ひとつしか選べないなら、私はダウンドックを選びます。

ダウンドックは効果も奥深いのです。

1)全身が緩んで、疲労が取れます

肩・脇の下、体側、背骨全体、腰、足の後ろ側の、ハムストリングス・膝の裏・ふくらはぎ・足首、全て緩むので、緊張が解けて、体が気持ちよく、楽になります。

脚のむくみ、だるさ、肩こり、腰痛などにも効果的。

2)適度に腕と足の力を使う

体を支えるために、適度に腕や手、脚・足の力を使うので、緩めるとともに、体を強化できます。

筋肉を使うことで、血流が良くなります。

3)頭が下になるので、頭や上半身の血流が改善される

頭がスッキリして、クリアになります。

体も気持ちも、気分爽快、リフレッシュできます。

4)上半身は逆さまになり、呼吸が深くなる

立っている時とは逆さまになるので、肺も逆さまになっています。

横隔膜を使って、深く吐き切る呼吸ができます。

5)上半身は逆さまになり、心臓に負担をかけず、血行が良くなる

心拍数を上げる運動をせずとも、血流が良くなります。

ざっと挙げてみました。

お気づきだと思いますが、このポーズひとつで、前屈、逆転の効果が入っています。

更に、腕や脚の強化もできます。

いろいろと万能なポーズですよね。

こんな効果を意識して行うと、ポーズの深さ、ヨガの深さが感じられて、ますますヨガが楽しくなりますよ。

ダウンドックについての解説は今回で終わります。

お役に立てれば幸いです。

初回限定!体験レッスン ー 蓮沼1200円・横浜1000円・オンライン1000円

Sugandha ヨガ 蓮沼・蒲田教室ご案内

Sugandha ヨガ 横浜教室ご案内

Sugandha ヨガ オンラインクラスご案内

どなたでも、ありのままにリラックスできる〜そんなヨガクラスに気軽に参加してみませんか?