祈りの種類と効果

月1回のヴェーダーンタ勉強会、スワミ・ダヤーナンダジ(私の先生、スワミ・チェータナーナンダジの先生)のテレビ番組「スピリチュアル・ヘリテージ」の日本語訳をみんなで読んでいます。

私個人の振り返りと、整理のために、ブログに思ったことを書いていこうと思います。

「自分はどこか満たされていない」

そのような感覚を持って生きている私たち。

自己尊厳を持ち、完全に自分を受け入れることができればよいのですが、簡単ではありません。

自己尊厳を持つためには、成功した感覚が必要で、

成功した感覚を得るには、ダルマ(調和)を選ぶ生き方をすることが必要です。

ダルマとは、周りとの調和、倫理的に正しいこと、傷つけないこと。

ダルマを選ぶ生き方をするには、自分自身の力(アートマ・バラン)を強化する必要があります。

そのための内側の助けが、与えることと祈ること。

前回は祈りについてみてきました。

祈りも行いなので、他の行いのように結果を受け取ります。

ドリシュタ・パラ(目に見える・体験できる結果)と、アドリシュタ・パラ(目に見えない、後に体験する結果)です。

私たちの日々の行いは、何かしらのプレッシャーを受けて選択していると言われています。

私自身を振り返っても、本当にそうです。

何か選ぶとき、自分の過去の経験や好き嫌い、他の人の目を気にしたり、完全に自由に選ぶことはとても難しいです。

ただひとつ、祈りだけが、自分で完全に選ぶことができる行いです。

祈ることもできるし、祈らないこともできる。

祈らなくても、誰も咎めませんが、祈ることを選ぶ。

それが自由意志を強化する、選択する練習になります。

今回の第13話は、「祈りの効果」です。

ガンジス川に向かって祈っています

私は何度かインドに行って、学ぶ機会を与えてもらいましたが、

インドでは至るところにテンプルがあり、儀式を行っていて、祈りがあります。

日常の中に、こんなにも儀式が組み込まれていることに驚きました。

ヴェーダで伝わる儀式を大事にしているのです。

この儀式という祈りは、イーシュワラの理解から生まれています。

この世界に現れているものすべてがイーシュワラの現れであるので、

現れたすべてのものにイーシュワラを祈ることができるのです。

この祈りが最もアドリシュタを作るカルマなのです。

この祈りのカルマができないなら、あなたは逃してしまいます。損をします。

イーシュワラを間違って理解しているのですから。

イーシュワラは現れたすべてのものの、知的な源・物質的な源です。

この世界の空間さえ、イーシュワラが源となって生まれています。

風・火・水・土も空間があってこそ。

私たちの体も、イーシュワラから現れています。

しかしイーシュワラは、私の体として現れているけれど、イーシュワラの姿かたちはありません。

姿かたちのないイーシュワラを想うことは、難しいけれども、

世界の空間として現れたイーシュワラ、私の体として現れたイーシュワラを想うことはできます。

空間からイーシュワラを呼び起こし、私の体からイーシュワラを呼び起こすことができます。

テンプルの祭壇には、デーヴァター(イーシュワラのある側面として現れた神)の像が祀られています。

私たちは、鉄や木や土でできた像に祈っているのではありませんよね。

その像を通して、イーシュワラを呼び起こし、祈っています。

日本の神社もそうですよね。

御神体の岩や山に祈っていますが、岩や山を通して、神に祈っています。

偶像に祈っているのはイマジネーションだという意見がありますが、そうではありません。

ガネーシャやシヴァの像を通して、イーシュワラを呼び起こして祈っているのです。

それは「真実の見方を思い出していること」だとスワミジが仰っていましたが、

現れた世界の中で、日々バタバタとしていると、全てがイーシュワラだという見方を忘れてしまいますが、それを思い出すのです。

祈りという行いには3つのレベルがあります。

カーイカカルマ、手足を使い、言葉・話す機能を使い、考えを使う行い。

ワーチカカルマ、言葉・話す機能を使い、考えを使う行い。

マーナサカルマ、考えを使う行い。

儀式は、ワーチカカルマです。

儀式のための準備、道具を含み、手足という体を使い、言葉を使い、考えを使います。

正しいステップに沿って行うものです。

ワーチカカルマは、チャンティングなど、マーナサカルマは瞑想です。

より多くアドリシュタパラを作るのは、カーイカカルマ、儀式です。

次回も祈りについて続きます。



初回限定!体験レッスン ー 蓮沼1200円・横浜1000円・オンライン1000円

Sugandha ヨガ 蓮沼・蒲田教室ご案内

Sugandha ヨガ 横浜教室ご案内

Sugandha ヨガ オンラインクラスご案内

どなたでも、ありのままにリラックスできる〜そんなヨガクラスに気軽に参加してみませんか?