睡眠中に足がつる・こむらがえり

こんにちは。

「やさしいヨガと出会う場所ーSugandha 蓮沼・蒲田/横浜 ヨガ教室、出張プライベートヨガ」 emiです。

夏になると、クラスの前後に何度かこの話題を聞くことになります。

「寝ているときに足がつって、痛かった!」

足がつる、こむら返りです。

私もこむら返りで辛かった時期があったことがありました。

ご存知だと思いますが、こむら返り、すごく痛いんですよね。

何回か繰り返しなってしまうと、

「あ、これから来るな」とわかるんですよ。

これから来る激痛、わかっているのに止めることができない、

真夏の夜の恐怖です。

 

足がつる・こむら返りの原因

こむら返りは、ふくらはぎ(下腿三頭筋)が痙攣をおこして、

筋肉が勝手に縮み、自分で伸ばそうとしてもできない状態になります。

原因としては、

下半身を酷使して疲労が溜まっている。

(特に運動不足で筋力が低下しているとき)

大量に汗をかき、筋肉の収縮弛緩に関係するミネラルが不足している。

血流量が低下している

(布団から足が出ていて、下半身が冷えているとなおさら)

 

ヨガでできること

日頃からヨガで体を整えて、必要な筋力や体力をつけて、

こむらがえりにならない体にしておくのが大切です。

私はヨガをはじめてから、足がつることがほぼなくなりました。


忙しくて練習する時間が取れないとき、

夜寝る前に、ふくらはぎを緩めるポーズを行うだけでも、

血流が良くなり、疲労がとれるので、予防することができます。

例えば、こんなポーズ

前屈系もいいですね。

ヨガのポーズでなくても、ふくらはぎを緩めるように。

 

それと、ミネラル不足にならないように、

就寝前にお水を飲んでおくのもいいですね。

これは熱中症予防にもいいですし。

夏は暑いから動きたくなくて運動不足になり、さらに冷房の効いた室内で長時間過ごすことが多くなると、血の巡りが悪くなってしまいます。

アイスコーヒーとか、カフェインの冷たい飲み物を飲みすぎるのも水分不足、冷え、血流量の低下につながります。

これから寝苦しい夜が続きそうですが、少しでも快適な睡眠で、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

初回限定!体験レッスン ー 蓮沼1200円・横浜1000円

Sugandha ヨガ 蓮沼・蒲田教室ご案内

Sugandha ヨガ 横浜教室ご案内

どなたでも、ありのままにリラックスできる〜そんなヨガクラスに気軽に参加してみませんか?