ヨガで風邪予防

こんにちは。

「やさしいヨガと出会う場所ーSugandha 蓮沼・蒲田/横浜ヨガ教室、プライベート・パーソナルヨガ」 emiです。

もうすぐ11月。

だいぶ朝晩は寒くなってきましたね。

そして乾燥も気になってきました。

お肌も喉も、潤いが。。。

そして喉や鼻に、違和感を感じていませんか?


鼻が乾燥する

喉がイガイガする

ちょっと鼻水が

ちょっとしたことで咳き込んでしまう

今年は特に、ちょっとした体の違和感も見逃さず、ちゃんと体をケアしたいですよね。

ご存知だと思いますが、いわゆる風邪とは、「風邪症候群」のこと。

鼻や喉などの上気道にウイルスが感染して起こります。

くしゃみ・鼻水・咳・たん・発熱という症状は、体の免疫防衛機能が働き、ウイルスという異物を排除して体を守ろうとしています。

「風邪薬」とよく言いますが、ウイルスが原因である風邪には特効薬はないんですよね。

(私はつい2年前に知りました。そのお話を過去のブログに書いていますので、ご参考までに。)

「風邪薬」は風邪の症状を和らげる薬なので、基本的には自分の免疫機能で回復するしかありません。

ウイルスに感染しても風邪の症状が出ないように、また、症状が出ても回復を早めるには、「免疫機能」が大事です。

ヨガでも風邪を治すことはできませんが、「免疫機能」がちゃんと働くように体調を整えておくことで、風邪を引きにくくする、回復を早くするには役立つと思います。

呼吸器の不調や、風邪を予防するために、ヨガでできることをまとめてみました。

定期的に、適度な運動

先にあげたリンク先にもありましたが、定期的に適度な運動をすることで、風邪を引きにくくなるそうです。

ヨガのアーサナの練習は、体に負担を掛けすぎず、自分の体にあわせて行うことができますから、「適度な運動」として良いのではないでしょうか。

それも「定期的に」です。

月に1回とか、季節に1回では効果は疑問ですね。

少なくても週に1〜2回のペースで、ヨガの練習が習慣になっていれば、健康管理に役立ちますよ。

口呼吸ではなく、鼻呼吸

ヨガは基本的に鼻呼吸です。

なぜなら、

鼻の粘膜の微小な線毛が、小さなホコリや細菌・ウイルスなどを排除してくれる、フィルターの機能があるからです。

また、鼻呼吸は、空気を適度に温めて、湿度を調節するので、体には鼻呼吸が大切です。

しかし、意外と口呼吸が身についている方もいらっしゃるので、口呼吸ではなく鼻呼吸を身につけるのにもヨガは良いと思います。

一つ一つの呼吸を、鼻から丁寧に繰り返します。

普段あまり意識をしない「呼吸」に目を向けて、呼吸を改善しましょう。

免疫機能を高める

過去のブログにまとめましたが、ヨガは免疫機能向上に役立ちます。

ストレス緩和・血液とリンパの流れを改善する・冷えない体をつくる、ということが効果的です。

まとめ

ちなみに、アイアンガー先生の「ハタヨガの真髄」によると、風邪に効果的なポーズは、前屈と逆転です。

他にも、睡眠・食事・規則正しい生活・ストレスをためない、なども大事ですよね。

いくらヨガの練習をしていても、寝不足や栄養不足、疲労が重なれば、免疫機能には悪影響です。

ヨガだけで風邪予防ができる訳ではありませんが、生活の中にヨガを取り入れて、風邪を引きくくする生活を心がけましょう。

初回限定!体験レッスン ー 蓮沼1200円・横浜1000円・オンライン1000円

Sugandha ヨガ 蓮沼・蒲田教室ご案内

Sugandha ヨガ 横浜教室ご案内

Sugandha ヨガ オンラインクラスご案内

どなたでも、ありのままにリラックスできる〜そんなヨガクラスに気軽に参加してみませんか?