屍のポーズ Savasana 1

こんにちは。

「やさしいヨガと出会う場所ーSugandha 蓮沼・蒲田/横浜 ヨガ教室、出張プライベートヨガ」 emiです。

先日、あるプライベートレッスンの方が、クラスの最後に、

「あー、やっとSavasana 。すごく楽しみ!」と仰っていて、

そんなに楽しみだったんだー、と嬉しくなりました。

そうそう、このSavasana(屍のポーズ)のためにやっているところがありますよね。

今回からSavasanaシャバアーサナ(屍のポーズ)のポーズのことをまとめたいと思います。

屍のポーズは、どのスタイルのヨガでも、クラスの最後に行うのではないでしょうか。

深くリラックスするポーズです。

 

Savasana(屍のポーズ)

 

 

床の上に、仰向けになります。

ヨガマット(なければバスタオルなど)を敷いて、体が痛くないように、不快にならないようにします。

足を腰幅に開き、腕は体側から少し離して、目を閉じます。

両脚を床から5cmくらい持ち上げて、ストンと脱力してマットに脚を戻します。

カカトはマットにつけたまま、骨盤を5cmくらい持ち上げて、ストンと脱力してマットに骨盤を下ろします。

両腕も床から5cmくらい持ち上げて、ぎゅっと手を握って拳を作って力みます。

次に大きく手を開き、前回に指を広げて、ストンと落とします。

肩を耳の方へ引きつけて、ぎゅっと肩を緊張させ、吐いてストンと肩を落とします。

顔からも力を抜きます。ほっぺた、唇、舌、アゴ、まぶた、眼球、眉間、額、全てリラックスさせます。

 

体がリラックスした後

体がリラックスしたのを感じたら、鼻から深く、たっぷりと息を吸い、大きく口を開けて、お腹の底から思いっきり吐きます。

全ての緊張感、ストレス、不安や心配を手放す呼吸です。

ここからは、深い呼吸をやめて、自然な呼吸に戻ります。重力に体を任せて、体の重みを感じながら、床に体が溶けてしまうように脱力しましょう。

しばらくすると、肉体・神経・マインドが静かになります。

 

Savasanaシャバアーサナ(屍のポーズ)の効果

クラスの最後に行うことで、それまで行ってきたのアサナの疲労を取り除く効果があります。

アサナで結構体を動かした後でも、あまり体に疲労が残りません。

逆にスッキリとして、元気になる感じがします。

神経が落ち着く、ストレス解消、などの効果もあります。

睡眠とは違う、深いリラクゼーションです。

 

実は、最も簡単で、最も難しいポーズと言われています。

体のリラクゼーションはわかりやすいのですが、考えや感情が落ち着く、マインドのリラクゼーションが難しいのです。

といっても、あまり考えすぎず、シャバアーサナの気持ちよさを感じてみて下さい。

静けさ、安らぎ、満ち足りた感覚が、自分の中にあることを実感できるはずです。

 

私が最初に教わったトレーニングでは、20分ぐらいSavasana(屍のポーズ)を行うと良いと言われました。

確かに、マインドが落ち着いて、体の芯から脱力するって時間がかかるので、できればそのくらいの時間が欲しいところですが、短い時間のクラスでは、なかなか難しいです。私は最低でも7分取れるようにしています。

 

クラスの最後の屍のポーズ、ぜひ楽しんでくださいね。

初回限定!体験レッスン ー 蓮沼1200円・横浜1000円

Sugandha ヨガ 蓮沼・蒲田教室ご案内

Sugandha ヨガ 横浜教室ご案内

どなたでも、ありのままにリラックスできる〜そんなヨガクラスに気軽に参加してみませんか?